スポンサーリンク
写真素材無料【写真AC】

よく見かける歩行者・自転車の交通マナー違反4事項

自転車歩行者専用道路標識生活
この記事は約2分で読めます。

どうも、げんのすけです。

私は普段、車に乗る事が多いのですが自転車に乗ったり歩いたりもします。

その時よく見かける交通・マナー違反行為があります。

・信号無視

・スマホ操作

・並走

・無灯火

この4事項について説明します。

特に自転車は違反すると罰則がありますよ。

知らない方は閲覧をおすすめします。

信号無視

赤点灯中の歩行者用信号機

これは自転車でも歩行者でもよく見かけます。


特に、交通量の少ない交差点だと平気で渡ってくるヤツがいますね。


その中でも特に悪いのが、小さい子供はちゃんと待っているのにその横を大人が渡っている事です。


真似して跳ねられたらどうすんの?そう思います。


自分だけの世界じゃないんだから、ルールくらい守りましょう。

スマホを操作しながら動く

歩きスマホ

たまに見かけますね。


歩行者でも自転車でも。


自転車乗りながらスマホって、よくいじれるなとも思いますが・・・


コケて怪我でもすりゃいいんですけど、もし自分が運転する車に倒れてきたら迷惑極まりないですよね。
知らない人もいるかも知れませんが、自転車だと交通違反になり捕まりますよ。

罰則:摘発・3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金

死亡事故につながる事も実際起きているので、心あたりがある方は止めておきましょう。

自転車の交通規則の記事があるのでどうぞ

自転車は車のなかま~自転車はルールを守って安全運転

並走する

自転車で走行している画像

横並びで歩いていたり、自転車乗ってたりするのも見かけます。


歩行者だとそんなに気になりませんが、自転車で並ぶと車道まで来るので危ないですよね。


通常だと縦に並び直したりしますが、避けない輩もいます。

広い道路であれば、抜けますが狭い所だと危ないので厄介です。

自転車は軽車両に属するので、並走は禁止されています。

知らない人は注意しましょう。

無灯火

自転車の前輪

これもホントに多いですね。

夜は見えにくいので、自転車の無灯火は危ないです。

道路交通法違反になりますし、何より車から非常に見えにくいので事故に遭う確率が高くなります。

暗い時間帯に自転車に乗っている方は、無灯火で乗らないようにしましょう。

以上、よく見かける歩行者・自転車の交通マナー違反3事項でした。


知らず知らずのうちに、してしまっている行動もあるのではないでしょうか?


自転車が歩行者を跳ねた死亡事故も、過去に起きているので普段乗っている方は他人事ではありませんよ。


もちろん、気を付けて守っている方は問題ありません。


ただ自転車に関しては法律がありますし、知らなかったでは済まされないので覚えておきましょう。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました