スポンサーリンク
写真素材無料【写真AC】

除菌水ジーアの紹介と説明・自宅でのウイルス感染対策

病気
どうも、げんのすけです。

毎年、寒い時期になるとインフルエンザ等のウイルスが蔓延して大変です。

人の出入りが多い所だと、どうしても感染のリスクがありますから。

家族や同居人がいる場合は、互いにウイルスを持ち帰ったりする可能性もあります。

そこで自宅で周りへの感染対策として、【除菌水ジーア】の紹介・説明をします。

今の時点で新型コロナウイルスが大流行していて多くの感染者が出ています。
都市によっては緊急事態が発令されています。

不必要な外出は控えましょう。

除菌水ジーアとは

成分は有効塩素濃度60ppmの次亜塩素酸水です。


次亜塩素酸水は、次亜塩素酸ナトリウムの約80倍の除菌力があります。


次亜塩素酸自体、よく殺菌消毒に使われていますね。


【除菌水ジーア】は、濃度も60ppmに設定されているので安全性もあります。

詳しくは下のリンク画像へどうぞ

使用方法

そのまま使えるので、超音波加湿器に入れたりスプレーボトルに入れて気になる箇所に噴霧します。


加湿器によっては使えないタイプもあるので、取扱説明書をしっかり見ましょう。


人体やペットにも無害なので安心して使えます。

効果

ウイルスや菌を99.9%瞬間除菌出来るので、手洗い後の消毒やベビー用品の除菌に使えます。
(販売元調)


消臭効果もあるので、タバコやペットの臭い対策にもなります。

アルコール除菌との違い

ハンドソープと体温計と除菌スプレー

次亜塩素酸水の方が安全性が高く、消臭力もあります。

また、エンベロープウイルス(脂質からなる二重膜があるウイルス)ノンエンベロープウイルス(脂質からなる二重膜が無いウイルス)の除菌に効果があるのに対し、アルコール除菌はエンベロープウイルスにしか効果がありません。


ただ、デメリットとして未開封でも製造期限から6カ月過ぎると効力が弱まっていきます。


開封後は3カ月が消費期限となります。


また日光や高温に弱いので、日が当たらない場所か冷暗所での保管が必要になります。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■ 毎年、流行性ウイルスでお困りの方へ ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■ 医療機関で求められている除菌剤は高い除菌力です。 医療機関や飲食店などウイルスや菌類が心配なプロフェッショナルから愛用されているアルコール消毒に変わる除菌剤とその秘密をご紹介します。
除菌水ジーア【公式】
次亜塩素酸水で空間除菌を始めよう|除菌水ジーア公式サイト

使用上の注意

水温が40度を超えてしまうと除菌効果が薄まるので、超音波式加湿器での使用をおすすめします。


スチーム式加湿器・ハイブリッド式・気化式加湿器は不向きです。


原液のままで使用しての除菌効果なので薄めて使うと当然、効果が落ちるので使用の条件をしっかり見ておきましょう。

夏場だとウイルスは蔓延しませんが、空気が乾燥する冬場だとインフルエンザが流行したりします。

 

この【除菌水ジーア】を使ったからといって必ずウイルスの感染を防げる訳ではありませんが、何も対策しないより確実に良いはずです。

 

感染した場合、同居人へうつさない配慮も必要ですよね。

 

次亜塩素酸に殺菌効果があるのは知っていましたが、この商品は人にっとって無害で、しかも除菌も出来る優れものです。

 

今はキャンペーン中で高性能な加湿器が付いています。

 

今、新型コロナウイルスが大流行していますので、商品が品薄になっています。購入方法などは下記の販売元のホームページへお願いします。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました