スポンサーリンク
写真素材無料【写真AC】

初めて磯釣りに行かれる方へ・おすすめのタモ(網)編

道具紹介
どうも、げんのすけです。

 

この記事では初めて磯釣りに行かれる方に、おすすめの玉網を紹介します。

 

小さい魚ならブリ上げれますが、ある程度の大きい魚は取り込む網が無いと厳しいので必ず1本は持っておきましょう。

磯釣り向きのもの

玉網 竿付きタイプ

竿先に網が付いたタイプとなっています。
磯釣りだとある程度の長さが無いと、掛かった魚を取り込めないので5メートル以上の物がおすすめです。
網枠を付け替えれたり、折りたためるタイプや固定式もあります。

もちろん、どこでも使用出来ますが長さに限りがありますので、魚との距離がある場合は磯の低い所に移動して取り込まなければなりません。

玉網にも様々なものがありますが、磯釣りなら上記のタイプで間違いないと思います。

価格も3000円位からありカーボン製のものだと高くなりますが、軽いのでおすすめです。

一番のおすすめのタイプは、玉枠を四つ折りに出来て取り外せるものですね。

玉枠もアルミ製だとかなり軽量です。

網目は出来るだけ細かいタイプがおすすめです。ウキとか落とした時に拾える可能性があるので。

磯釣りだと、出来るだけ荷物をまとめておいた方が良いので、折りたためるとロッドケースに収まるので。

ロッドケースについてはこちらへどうぞ
『初めて磯釣りをされる方へ・ロッドケースの種類とおすすめの商品紹介』

玉枠の種類

アルミタイプ

軽くて錆びにくい特徴があります。

ステンレス製よりも割高です。

魚を取り込むときは、出来るだけ軽い玉網の方が楽なので良いですよ。

チタンタイプ

アルミより剛性があり、錆びないし軽い特徴があります。

その分、価格が上がりますが長持ちしますよ。

以上、おすすめの玉網紹介でした。

一人で釣行される場合は自分で取り込まないといけないので、慣れるまで少し難しいかもしれません。

どちらかの手で釣り竿をコントロールしながら、逆の手で玉網を出して魚を取り込む形になりますので。

なので高価にはなりますが、カーボン製の軽い商品の購入をおすすめします。

玉枠も、アルミかチタン製がおすすめです。
セットで販売されてるものには、ステンレス製が多いですけど。

釣り好きな方で磯釣りがまだ未経験なら一度釣行されてみてはいかがでしょうか?面白いですよー。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました