スポンサーリンク
写真素材無料【写真AC】

サイト売買の価格設定について感じた事

売る・キープする・買うをイメージした画像生活
この記事は約2分で読めます。

ちょくちょくサイトの売買サービス案内メールが届くのですが、それについて思う事を話します。

皆さんも副業とかでサイト運営を始められた方もいらっしゃることでしょう。

ただただ感じたことを書いているので、見てくれた人の役に立つ記事ではありません。

そこはご了承ください。

その価格設定はいかに?

サイト売買のメールが届くたびに思うのが、その価格です。

そのサイトに関する情報も添えられていますが、売り上げやPV、売却希望価格などなど。

そのメールで送られてくる価格がべらぼうに高い。

実際に売る気があるならもう少し現実的な価格設定をした方が良いのではと思いますが。

サイトを作るのはそれなりに大変です。

規模にもよりけりですが、記事数が多いとそれなりの手間暇がかかっているので高く売りたいという気持ちは分かります。

けど販売されているサイトのほとんどが、売り上げが数千円なのに売買希望価格が数十万円に設定してあります。

いや、買う人いるのかな?

売れたら儲けものみたいな感じなのでしょうかね。

凄い売り上げなら手放さない方が良いですから。

何故売るのか

これに関してはサイト運営がうまくいかなかったからでしょう。

または複数運営していて管理が難しくなったとか。

ペナルティーを受けて復活させるのが面倒だとかいう可能性もあります。

売る側も、買う側もそれなりに重要があるから成り立っているのでしょう。

購入した後の用途について

購入する場合、リライトなどしてつかうのでしょうが、サテライト用に使うこともあるでしょう。

被リンクに使うなら1からサイトを使うより手っ取り早いかも知れません。

買う人はそのサイトを活かすスキルがないとムダになりますよね。

まあ、要は資金が無いとできないことですね。

まとめ

まとめって書いてますがまとまっていませんね(笑)

ただ思った事を書いているので不快に思われたなら謝ります。

自分が育てたサイトなので高く売りたいという気持ちは分かりますが、本当に売りたいのであれば販売価格を見直した方が売れるのではないでしょうか。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました