スポンサーリンク
写真素材無料【写真AC】

車を所持している方へ・愛車の点検や整備はされていますか?

生活
どうも、げんのすけです。

先日、16年間乗っていたボロボロだけど頑張ってくれた車(ワゴンR)を手放しました。

走行距離も20万近くなっていましたが、エンジンは問題なっかたです。

車関係のお仕事をしている方は大丈夫だと思いますが、中には車検までオイル交換していないという話も聞いたことがあります。

定期的に整備しているなら問題ありません。

ですが、全くしていないという方に向けて整備・点検は大切ですよという話をしています。

主にオイル系について説明していますので、良かったら見て下さい。

車を長持ちさせる大切なオイル

個人的にはオイル交換さえ適切にしていれば、車は長持ちすると思っています。


普通車に使われているオイルは・エンジンオイル・トランスミッションオイル(AT車)・ブレーキオイル・パワステオイル・ミッションオイル・クラッチオイル(MT車)・デフオイルがあります。


簡単ですが、それぞれ説明しますよ。

エンジンオイル

カストロールオイル

エンジンオイルは一般的に5000Km、もしくは6カ月毎に交換するのがベストです。


6カ月点検とかにキチンと出されているなら大丈夫でしょう。


フルサービスのガソリンスタンドだと、よく点検を進めて来ますね。


その時に見てもらうのも良いです。


また、カー用品店でも交換出来る所があるのでそこで交換してもいいでしょう。


価格も、オイルの値段や店で変動します。

トランスミッションオイル(ATフルード)

オートマ車のギヤに使用されてるオイルです。


交換時期は2万キロに一回と言われています。


車に付属している整備手帳におおよその交換時期が記入してあるのでそれを目安にしましょう。


油圧が関係しているので、交換するには専用の機械が必要です。


時間も少し掛かりますし、価格もエンジンオイルの2倍くらいします。(大体ですが)

ブレーキオイル(ブレーキフルード)

ブレーキオイル

ブレーキを作動させる際に使用されているオイルです。


エンジンルーム内に小さなタンクがあるのでオイルの量は見た目でチェック出来ます。


交換時期は2年毎、車検の時に交換するのが良いですね。


ブレーキは命にかかわる部品なので交換は大切ですよ。

パワステオイル

油圧式、電動油圧式に使われているオイルです。


交換時期は2万Km、2年毎とされています。


パワステオイルもエンジンルームで見れるので、入っている量や色をチェック出来ますよ。


色が黒ずんできたら劣化している目安です。

MTオイル

ミッションオイルと呼ばれるもので、マニュアル車のギアに使われています。


交換時期は、2万Kmか2年経過が目安です。

ギアの入りが悪くなったら変えましょう。


個人的にマニュアル車に乗っている方は、意識が高いと思っているので整備系はちゃんとしていると思ってます。

クラッチオイル

マニュアル車でクラッチを踏んだ時、作動させるオイルです。(油圧式の場合)


交換時期は5万Km毎と言われています。

デフオイル

ディファレンシャル(内輪差・外輪差を調整するギア)に使われているオイルです。


交換時期は2年、5万Km毎とされています。


ディファレンシャル自体が破損してしまうと交換は高額になることが多いので、長く乗ろうと思ってる方は車検時に交換をおすすめします。

オイルについて

よく缶で販売されているオイルには『10W30』という風に記入してあります。


頭の10とは、低温時の粘度指数を表しています。Wはウインター(冬)の略です。


30とは高温時の粘度指数を表しています。

長年乗っていて壊れた箇所

バッテリーやタイヤ等は除きます

オルタネーター

オルタネーター

簡単に言えば発電機ですね。


私の場合、警告ランプが点灯していたのですが気にせず乗っていた時、突然止まってしまいました。


整備工場にレッカーで持って行ってもらい、点検してもらうとオルタネーターの劣化が原因でした。


新品だと結構、費用がかかるのでリビルド品(中古のオーバーホールした物)を取り寄せてもらい、4万5千円くらいで済みましたけど高いですね。


長年、ガソリンスタンドで働いていたのでオルタネーターが悪いのかなと目星は付いていましたが。


ただ、持って行くのが面倒だったので流してしまいました。

ディストリビューター

ディストリビューター

略してデスビと呼ばれている部品です。


簡単に言えば、点火プラグに電流を送る装置でこれが悪くなるとエンジンが掛からなくなります。


雨天時の際、特に霧雨の時にエンジンが掛かりにくいトラブルがあり調べてもらうとデスビの劣化が原因でした。


割と新しい車なら耐久性が良くなっているらしいのですが、何せ平成8年式のワゴンRですから交換となりました。


この時もリビルド品を取り寄せてもらい、2万円くらいかかりました。

私は地方在住なので車が無いと移動が不便です。

 

長年乗った車を手放した時は、何とも言えない寂しさを覚えました。

 

低所得なので買い替える資金も無く、修理代とかさえキツい状況の中、たいした故障もせず頑張ってくれました。

 

ホント感謝しかないです。

 

日本車は、定期的なメンテナンスをしていれば長持ちします。

 

電気系統で時期が来ると交換が必要な箇所はありますけど。

 

皆さんも今乗っている車、大切にしてあげて下さいね。

 

あまり神経質すぎても何ですけど(笑)(酷い人だと他の人を乗せるのが嫌だという方も居ました)

 

最後まで閲覧頂きありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました